eラーニングの不正受講を
抑止・防止するリアルタイム
不正検知システム

Summary

「サクテスAIMONITOR」とは?

eラーニング受講時の課題を解決

eラーニングによるコンテンツの受講では、「受講者が動画を見ていない」(離席)、「受講者が入れ替わっている」(なりすまし)、「受講者以外も受講している」(複数人による受講)など、いわゆる不正受講が起こりがちです。サクテスAIMONITORはeラーニング受講前に本人認証、登録を行い、受講中、Webカメラやスマホのカメラでリモート監視をし続けることで、不正受講を検知するAI × クラウドサービスです。

スマートフォンによる本人認証
および本人情報の登録

サクテスAIMONITORでは、スマートフォンによる本人認証(eKYC ※)が行えます。スマートフォンのカメラで顔写真を撮影し、続けて身分証明証を撮影。撮影された画像を照合します。
(身分証明証:運転免許証・マイナンバーカード・在留カード)
※ eKYC=electronic Know Your Customer

eラーニング受講中のリアルタイム検知

eラーニング受講前に、受講者の顔写真を撮影し、本人認証時の顔写真と照合します。照合NGの場合は、eラーニングコンテンツの受講ができません、また、eラーニング受講中に、離席や複数人による受講を検知した場合、受験者への通知や、受講コンテンツの停止など、制御を行います。また、検知したデータを管理者サイトから確認することができます。

Merit

「サクテスAIMONITOR」導入メリット

不正受講の抑止・防止

受講中の受講者をWebカメラで監視するため、不正を抑止・防止することができます。資格取得のための集合研修や、対面講義のオンライン化を促進することができます、

eラーニングと連携

当社のeラーニングプラットフォーム「SAKU-SAKU Testing」と標準連携をしているため、導入後、すぐにeラーニングを開始することができます。

ブラウザによる実施

受講者、管理者ともにアプリケーションのインストールは不要。インターネットブラウザと受講端末があればご利用いただける環境をご提供します。

Feature

サクテスAIMONITORの機能

本人認証・受講前の本人確認

本人認証はeラーニング受講前にスマートフォンで実施。eラーニング受講前に受講端末のWebカメラで撮影される顔写真と、本人認証時に撮影した顔写真を照合し、本人確認を行います。
(なりすまし受講の防止)

受講中のリアルタイム監視

受講中はWebカメラで受講者を監視。受講画面に、監視をされている受講者が表示されます。また、席を離れたり、複数人による受講が検知されると、受講者へ通知します。
(AIによる検知)

管理者による確認

eラーニング受講後、管理画面から撮影された顔写真や、監視中の画像を確認することができます。
また、eラーニングの実施結果も同じ管理画面から確認することができるため、受講者の一元管理が行えます。

Price

システムの導入、サービスのご利用費用については
以下よりお問い合わせください。

試験のDX化、人材教育の課題など、私たちイー・コミュニケーションズが解決します。

お電話でのお問い合わせはこちら

Copyright ©e-communications,Inc.

PAGE TOP