Webフォームによるお問い合わせ
お電話によるお問い合わせ03-3560-3902

こんな問題はありませんか??

適性試験どうしようか・・・

  • 人力で手動採点で大変…
  • 結果をリアルタイムで知りたい…
  • 外部の候補者に自宅で受けさせたい
  • スマホ・PCを問わず受験可能にしたい

社内認定・昇進試験
ってどうすれば・・・

  • 人事評価と連動したい
  • 厳正に行いたい
  • 全国の拠点で実施したい
  • 会場型同時受験で行いたい

コンプライアンス試験実施も・・・

  • 人が集まる時間がない・・・
  • 勉強する時間が取れない・・・
  • 自席でやらせたい・・
  • コンプライアンス教材がないなぁ・・

豊富な導入実績から問題解決いたします!

事例1

大手サービス企業(従業員50,000名)
採用時の適性試験を紙媒体からCBTに移行

課題となっていた事
  • 運営コストがかかる
  • 結果の集計に時間がかかる

CBTの試験実施により、問題用紙/マークシートの印刷、結果の読み込みが不要となり、コストが大幅に削減できました。
また、終了後即時に結果が集計されるため、受験者への結果通知の期間が大幅に短縮でき、採用業務の効率化を実現できました。

事例2

大手製薬企業(従業員5,000名)
査定試験を紙媒体からCBTに移行

課題となっていた事
  • 社員を一斉に集めることができない
  • 不正が十分に防止できない

各営業所および隣接のテストセンターにて受験が可能となったため、短期間で全社員の試験実施を完了させることが出来ました。
また、設問がランダム/シャッフルで出題できるためカンニングが防止でき、紙の問題流出のリスクもないため、厳格性の高い試験実施を実現できました。

事例3

大手商社(従業員30,000名)
コンプライアンス教育を集合研修および
冊子配布からCBTに移行

課題となっていた事
  • 社員の進捗度が確認できない
  • コンプライアンス知識を社員が習得できたか把握できない

ラーニング(ドリル)を実施後、テストにて習得度を確認するカリキュラムを実施することで、学習進捗状況と知識習得状況を可視化することが出来ました。PCだけでなくスマホ/タブレットでの実施も可能なため、空き時間を有効活用することもできました。

Webフォームによるお問い合わせ
お電話によるお問い合わせ03-3560-3902

こんなことが出来るようになります。

それでもやっぱり、CBTへの移行は不安・・・という方へ

イー・コミュニケーションズは、2004年にCBTシステムを自社開発した日本でのCBTシステムのパイオニア!
経験豊富な導入コンサルタントが、資格検定団体様の要件に合わせた最適な運用・サポートをご提案いたします!

Webフォームによるお問い合わせ
お電話によるお問い合わせ03-3560-3902