メニュー

セミナー概要

講師の画像が表示されています。
8月28日(金)【 人材評価 】

企業内人材育成推進助成金を活用した人材評価制度の再構築
〜社内検定試験による厳密なスキル可視化の実現〜

開催終了
セミナー名 企業内人材育成推進助成金を活用した人材評価制度の再構築
〜社内検定試験による厳密なスキル可視化の実現〜
実施日 2015年8月28日(金)
開催時間 16:00~19:00 (開場15:30)
開催場所 サートプロ代々木研修センター(東京都渋谷区代々木1-36-6 代々木駅前ビル7F)  アクセスマップ
対象者 人事部門の責任者・担当者
社内検定試験立ち上げに興味のある方
研修部門・担当者として人材評価に興味のある方
参加費 無料
定員 20名(抽選)
・定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。
・1回のお申し込みで1名様ご参加いただけます。
※複数の方がご参加される場合は、お手数ですがお一人様ごとにお申し込みください。
※競合製品をお取り扱いされている企業の方はご参加をお断りする場合がございます。
プログラム
第1部
良い人材を知る簡単な方法
株式会社サートプロ 代表取締役社長 検定事業化コンサルタント 近森 満 氏

第2部
事例で判る人材の測り方
株式会社イー・コミュニケーションズ CBT営業セクション長 小沢 孝

第3部
企業内人材育成推進助成金の説明
株式会社サートプロ 代表取締役社長 検定事業化コンサルタント 近森 満 氏

 よい人材を採用すること、またよい社員に育てることは企業にとって重要な課題です。社員を成長させ、またその成長を人事考課に反映していくための方法として人材評価制度の構築があります。これを取り入れることで、社員の能力・スキルを公平に判断し、また社員のモチベーションを高めることができるようになるため、評価制度の手法の一つとして社内検定試験をとり入れた企業が増えています。

また、職業能力評価、キャリア・コンサルティング等の人材育成制度を導入・実施し、継続して人材育成に取り組む事業主等に対して、厚労省から企業内人材育成推進助成金が支給されます。

本セミナーでは検定試験制度の事業化を手掛けてきた株式会社サートプロが企業内人材育成推進助成金を活用した、企業内での人材評価制度の再構築について解説し、企業として良い人材の見分け方について検定試験制度を交えて解説します。さらに、CBTによる検定試験配信システムで実績のある株式会社イー・コミュニケーションズが社内検定試験システム(CBT)の導入について事例を交えて解説します。

イー・コミュニケーションズのCBTを使った社内検定試験システムを見る

講師の画像が表示されています。

株式会社サートプロ 代表取締役社長 検定事業化コンサルタント 近森 満(ちかもり みつる) 氏
1964年、埼玉県生まれ。東邦電子(現沖電気コミュニケーションシステムズ)入社。97年、ニューホライズン・ジャパン入社。00年、ナショナル・コンピュータ・システムズ・ジャパン。03年、UML教育研究所。05年、Linux技術者認定機関のLPI-Japanに所属。06年、サートプロを起業し、代表取締役CEOに就任。資格認定・検定試験事業のコンサルティング、IT教育サービス支援事業のほか、技術者の健康で永く働く環境作りとしてメンタルヘルス事業にも力を入れている。
立ち上げた検定試験は、組込み技術者試験制度、Android技術者認定試験制度、アジャイル検定、E検定、マインドマップ検定など、公的な機関の検定から民間の認定資格まで対応しコンサルティングを実施する。

イー・コミュニケーションズ

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
03-3560-3902
お問い合わせ
企業内人材育成推進助成金を活用した人材評価制度の再構築セミナーページ上部へ