メニュー

セミナー概要

講師の画像が表示されています。
3月7日(水) 【 コンプライアンス 】

『パワーハラスメントの予防と解決のための実践的ノウハウ』
~厚生労働省「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する
円卓会議ワーキング・グループ報告」を受けて~

終了しました
セミナー名 『パワーハラスメントの予防と解決のための実践的ノウハウ』
~厚生労働省「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する
円卓会議ワーキング・グループ報告」を受けて~
実施日 2012年3月7日(水)
開催時間 14:00~16:20 (開場13:30)
開催場所 トスラブ山王 2階 多目的ホール
対象者 法務・コンプライアンス教育ご担当者様
参加費 無料
定員 100名
・定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。
・1回のお申し込みで1名様ご参加いただけます。
※複数の方がご参加される場合は、お手数ですがお一人様ごとにお申し込みください。
※競合製品をお取り扱いされている企業の方はご参加をお断りする場合がございます。
プログラム 第1部 基調講演 「パワーハラスメントの予防と解決のための実践的ノウハウ」
~厚生労働省ワーキング・グループの報告を受けて~
中島経営法律事務所 寺田 寛 弁護士

第2部「事例紹介!予防と再発防止のためのコンプライアンス教育」
株式会社イー・コミュニケーションズ プラットフォーム事業部 大橋 正芳

厚生労働省のワーキング・グループが、「職場のパワーハラスメント」の定義を公表しました。パワーハラスメントは、従業員に対する重大な人権侵害であるに留まらず、周囲の従業員の士気を低下させ、職場全体の生産性にも悪影響を与えます。企業にとっては、人材を失うリスク、裁判で使用者責任に基づく損害賠償請求を受けるリスクを負うほか、「いじめを苦に自殺」という報道がなされれば、レピュテーションの低下は免れません。
今回のセミナーでは、中島経営法律事務所の寺田 寛弁護士をお迎えし、厚生労働省のワーキング・グループの報告から、パワーハラスメントの予防と解決のためにどのような取組みが有効かを具体的にご提案いただきます。また近時の裁判例から「適正な業務の範囲」か否かの判断基準をどこにおくべきかを検討、さらに企業の社外ホットライン窓口の具体的な事例に即して、発生したパワーハラスメント事案に対する調査、処分、再発防止等の対応上の留意点をご説明いただきます。

中島経営法律事務所 寺田 寛弁護士の画像が表示されています。
中島経営法律事務所 寺田 寛(てらだ ひろし)弁護士
Profile:
2005年、弁護士登録(第二東京弁護士会所属) 同年、中島経営法律事務所入所
会社法を中心とする企業法務全般で活躍し、知的財産の案件を得意とする。コンプライアンス関連業務としては、不祥事発生時の広報対応や社内規定整備、ヘルプライン対応などに経験が豊富。
イー・コミュニケーションズ

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
03-3560-3902
お問い合わせ
ページ上部へ