メニュー

セミナー概要

講師 亀田メディカルセンター 理事長 亀田 隆明 氏の画像が表示されています。
11月19日(火)【コンプライアンス推進責任者・教育ご担当者向け】

「会社とは無関係」では済まされない!
私的なSNS利用とコンプライアンス

終了しました
セミナー名

「会社とは無関係」では済まされない! 私的なSNS利用とコンプライアンス
~社員・アルバイトの私的情報発信に関して会社が取り組むべきポイント~

実施日 2013年11月19日(火)
開催時間 15:00~16:30 (開場14:30)
開催場所トスラブ山王 健保会館2階(東京都港区赤坂2-5-6)
対象者 コンプライアンス推進責任者・教育ご担当者向け
参加費 無料
定員 130名
・定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。
・1回のお申し込みで1名様ご参加いただけます。
※複数の方がご参加される場合は、お手数ですがお一人様ごとにお申し込みください。
※競合製品をお取り扱いされている企業の方はご参加をお断りする場合がございます。
プログラム 第1部「会社とは無関係」では済まされない!私的なSNS利用とコンプライアンス
~社員・アルバイトの私的情報発信に関して会社が取り組むべきポイント~
プリンシプル・コンサルティング株式会社 千田 直人 氏
第2部「必要なのは早めの事前対策!
SNS利用に関する効果的な教育とリスクマネジメントの手法について」
株式会社イー・コミュニケーションズ 法人営業部 土田 友香

日本国内だけでもすでに利用者数が数千万人にのぼると言われているSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)。適切に使えば様々な発見や交流が生まれ、大変有益なツールですが、一方で、私的に軽率な書き込みをして大問題を引き起こす人達が後を絶ちません。とりわけ、本年夏には、「コンビニエンスストアや飲食店のアルバイト店員らが冷蔵庫や食材などで不適切な行為をしている場面をネットに投稿したために、本人や所属企業が社会から厳しく糾弾される」という事例が立て続けに発生しました。

私的な書き込みは本質的には社員の私生活での問題ですから、会社は無関係なはずです。とはいえ、書き込んだ内容が業務に関連するケースも珍しくなく、そこでトラブルが深刻化すれば、会社としても公式対応を余儀なくされます。また、たとえアルバイト店員の行為であっても、社会から見れば単純に「あの○×社がこんなことを!?」ですから、会社の信用失墜レベルは正社員による不祥事の場合とさほど変わりません。となれば、会社としていつまでも無策でいるわけにもいきません。しかしながら、社員の私生活での活動に対して、会社としてどのような策を講じればいいのか、非常に悩ましい領域でもあります。

今回のセミナーでは、企業や団体におけるコンプライアンス教育に定評のある、プリンシプル・コンサルティング 千田 直人氏が、この「困難かつ必須の課題」に対するひとつの解をご提案いたします。

講師 亀田メディカルセンター 理事長 亀田 隆明 氏の画像が表示されています。
プリンシプル・コンサルティング株式会社 代表取締役 千田 直人 氏
Profile:
トヨタ自動車の人事部門において、社内階層別研修を担当。更に、法務部門にて10年以上にわたり、米国PL訴訟、会社法関連業務(取締役会・株主総会)、リスク管理、各種トラブル対応などを含めたコンプライアンス関連業務やコンプライアンス教育に従事。2009年、プリンシプル・コンサルティングに参画し、以後、企業のコンプライアンス体制構築支援などを中心に活動。東京大学法学部卒業。
著書:「『三択式40問』で考える コンプライアンスの基本」(日本経済新聞出版社)「これって大丈夫?工場のコンプライアンス」(イー・コミュニケーションズ)等
イー・コミュニケーションズ

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
03-3560-3902
お問い合わせ
今回のセミナーでは、私的なSNS利用とコンプライアンスについて、企業や団体におけるコンプライアンス教育に定評のある千田 直人氏が「社員・アルバイトの私的情報発信に関して会社が取り組むべきポイント」に対するひとつの解をご提案いたします。
ページ上部へ