メニュー

セミナー概要

講師の画像が表示されています。
7月13日(水) 【 コンプライアンス 】

『情報セキュリティリスクにおいて従業員に定着させるべき3つのポイント』
~多様化、複雑化するコンプライアンスへの対応、情報セキュリティ戦略との連携が鍵を握る!~

終了しました
セミナー名 『情報セキュリティリスクにおいて従業員に定着させるべき3つのポイント』 ~多様化、複雑化するコンプライアンスへの対応、情報セキュリティ戦略との連携が鍵を握る!~
実施日 2011年7月13日(水)
開催時間 14:00~16:00 (開場13:30)
開催場所 トスラブ山王 2階 多目的ホール
対象者 法務・コンプライアンス教育ご担当者様
参加費 無料
定員

130名
・定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。
・1回のお申し込みで1名様ご参加いただけます。

※複数の方がご参加される場合は、お手数ですがお一人様ごとにお申し込みください。
※競合製品をお取り扱いされている企業の方はご参加をお断りする場合がございます。

プログラム 「情報セキュリティリスクにおいて従業員に定着させるべき3つのポイント」
(株式会社ラック 技術統括本部 プロフェッショナルサービス部 ナショナルセキュリティスペシャリスト 安田 良明 氏)

「リスクを回避できるのか?浸透・定着を促す教育手法」
(株式会社イー・コミュニケーションズ  プラットフォーム事業部 村井 俊輔)

多くの組織がコンプライアンス体制を確立し、全従業員とともにコンプライアンスへの取り組みを実践しておりますが、社会が組織に要求するコンプライアンスは、社会、経済、IT環境の急速な変化に伴い、多様化、複雑化しています。
社会が要求するコンプライアンスに応えるため、日々の組織活動の中でコンプライアンスの対応状況に加えて、情報セキュリティの対応状況も合わせてモニタリングする仕組みづくりが必要となります。
このセミナーでは、国家の情報セキュリティ対策にも精通する、セキュリティ分野のエキスパート、株式会社ラックの安田良明氏をお迎えし、組織が直面しているコンプライアンスと情報セキュリティに関する問題を洗い出し、事例を踏まえて組織、従業員が取り組むべき事項などについてご講演いただきます。

社員コンプライアンス教育ツールの決定版を見る

■米国国防総省の取り組みや、企業におけるセキュリティコンプライアンスの基本となる個々人の「IT力」として、CompTIAから提供されているStrata認定試験などについてもご紹介いたします。CompTIA日本支局はこちらから

イー・コミュニケーションズ

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
03-3560-3902
お問い合わせ
ページ上部へ