メニュー

ニュース詳細

2019.3.12

<試験サービスの刷新>
モバイル端末でも受験可能!
エンタメ検定から、社内試験、入学試験、検定試験まで利用場面を選ばない試験サービス!『MASTER CBT Plus(+)』をリリース

 株式会社イー・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤信也)は、このたび、コンピュータを使用してテスト出題・受験を行う(CBT[※1]/IBT[※2])サービス、『MASTER CBT Plus(+)』をリリースいたしました。
 本サービスはこれまで弊社がご提供させていただいていたテストプラットフォーム『MASTER CBT』の後継サービスに当たり、これまでサポート外あるいは別プロダクトで対応してきたモバイル端末での受験を正式にサポート、使用可能デバイスのサポート範囲の拡大により、テスト運用のさらなる利便性向上を図ります。また、これまでAdobe Flash[※3]を使用して構築・提供してきた受験機能を、HTML5/CSS3/Javascriptの技術をベースにした技術基盤で再構築(SPA化[※4])、Adobe Flashの技術基盤に阻まれていた様々な制約から脱却し、試験・設問・出題のテスト管理・設定や受験操作に、さらなる柔軟性を持たせることが可能となりました。

 弊社は、2000年の創業以来、TOEICテストをはじめとする様々な検定・試験のシステム開発を通じて得た経験をもとに、ITテクノロジーによって人の能力測定、学習支援を科学的に行う事業を行ってまいりました。国内ベンダーとしてはじめてコンピュータ上で試験を行うCBTサービス『CBT-Generator』を2004年に発表し、数多くの企業や団体様にご導入いただき、国内最大規模の配信数を誇るプラットホーム・サービスに成長しました。
 この度リリースする『MASTER CBT Plus(+)』は従来ご提供してきた機能・サービスはもちろんのこと、動画・音声を使用した出題・回答、柔軟な正答設定と採点、英語や中国語対応等、弊社が提供する周辺サービス(J-Testing等)とともに、受験者・試験管理者によりわかりやすく使いやすい機能・サービスをご提供いたします。さらにこれまでは様々なお客様にご要望いただき個別に提供させていただいていた機能を集約、標準機能化あるいはオプション機能化することで、セキュリティ強化や新機能等の製品更新に対して柔軟な対応が可能となっております。
 今後は本サービスを中心とした周辺システムも含め、さらなる柔軟性・利便性を付与し、お客様のテスト運営に寄与すべく、さらなる機能・サービスの充実に努めてまいります。

サービスの詳細
http://www.e-coms.co.jp/service/master-cbt-plus/

※1 CBT…Computer Based Testing。PCを利用したテスト受験の総称だが、その中でも主に会場型試験(試験会場にて厳正厳格な運営を行う試験)形態のことをいう

※2 IBT…Internet Based Testing。PCを利用したテスト受験中でも、自宅や会社等、個人や普段使用する業務用PCで受験する形態の試験形態

※3 Adobe Flash…アドビシステムが開発・提供する動画やゲームを扱うために企画や開発・閲覧基盤。2020年12月にサービス終了が発表されている。

※4 SPA化…Single Page Applicationの略。単一のページでコンテンツの切り替えを行うWeb アプリケーションのアーキテクチャの総称。SPAではブラウザによるページ遷移を行わずにコンテンツの切り替えなどを行うことで、ユーザー体験(UX)を大きく向上させることができる。

【会社概要】

株式会社イー・コミュニケーションズについて
2000年設立。WEBテクノロジーを使った「人の成長支援」サービスを展開し、創業以来、ベンチャーならではの勢いで新サービスを次々と展開。ITを活用した教育支援事業、テスティング事業では大手企業への数多くの導入実績を持つ。「人は問われて初めて考える」をコンセプトに、教育コンテンツ開発力、テスト作成力、テスト分析力、WEBテスティングメソッドを武器として、CBT・IBT/能力測定技術で「自ら考える人」創りをサポート。検定試験団体、企業教育向けにソフトウェア開発、コンテンツ開発、運用支援をおこなっています。
本件に関するお問い合わせ先
株式会社イー・コミュニケーションズ
担当:小沢 孝
TEL:03-3560-3902
E-mail cbt-info@e-coms.co.jp
お問合せ時間:10:00~18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)
エンタメ検定から、社内試験、入学試験、検定試験まで利用場面を選ばない試験サービス『MASTER CBT Plus(+)』をリリース
ページ上部へ