メニュー

ニュース詳細

2017.12.07

2017年12月4日開催 広報コンプライアンス共催セミナー開催報告
PRや広告関連の炎上事例とその被害・必要な対応

本セミナーでは、まずハワイNO.1のPRマーケティング会社 パックリムマーケティンググループから“2020年、勝ち残りに必要な20のヒント” と題して、彼らの経験から導き出したマーケティングにおけるヒントを実例を交えてお話しいただきました。

次にアサミ経営法律事務所の浅見弁護士からは景表法や消費者法契約法・特定商取引、著作権法に違反しないための注意点と炎上しやすいテーマ及びその事例・対応について解説して頂きました。
最終的に広告を出す/出さないの判断は、企業の価値観(行動規範、企業理念)を軸にすることが大切であると講演を締めくくりました。

そして、弊社からはコンプライアンス教育を成功させるためのポイントをお話しさせていただきました。

関連サービス:コンプライアンス総合問題集
関連ページ:コンプライアンス教育成功のポイント

コンプライアンスセミナーやコンプライアンス情報をメールでお届けしています
メールマガジン登録 https://form.k3r.jp/ecoms/mailreg

出席者アンケートの結果
有効回答数41

Q1 教育対象者(複数回答)
Q2 教育対象者数
Q3 現在の教育方法(複数回答)
Q4 教育頻度
Q5 1年間の学習時間(一般社員)
Q6 1年間の学習時間(管理職)
Q7 今後取り組みたいテーマや法令
本件に関するお問い合わせ先
株式会社イー・コミュニケーションズ
TEL:03-3560-3902
E-mail support@e-coms.co.jp
お問合せ時間:10:00~18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)
2017年12月4日開催 広報コンプライアンス共催セミナー開催報告
ページ上部へ