メニュー

導入事例  株式会社トリドールホールディングス 営業企画部 営業企画課 係長 高垣 稔様

自ら学び能力を向上させる仕組みを構築。人材の早期戦力化に手ごたえ。
新入社員から店長、マネジメント教育まで。

課題
会社の成長に伴う早期の戦略的人材育成。
期待する導入効果
従業員が能動的に学び、成長。
今後
eラーニング活用の幅を拡大。マネジメント研修にも。

概要

株式会社トリドールホールディングスは、「讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺」「焼鳥ファミリーダイニング とりどーる」「とんかつ・とんテキ専門店 豚屋とん一」「美と健康のライフスタイルブランド SONOKO」などの飲食店を中心とする傘下子会社の経営管理をしております。店舗数は、国内外1540店舗、売上収益116,504百万円(2018年3月末)。世界に誇れるおもてなしの心をもって、あらゆる国の文化、地域性を尊重した業態を展開し、日本発の外食のリーディングカンパニーを目指しています。

サクテスの活用方法・効果について、営業企画部 営業企画課 係長 人材開発委員会 高垣 稔様にお話を伺いました。
(インタビュアー:株式会社イー・コミュニケーションズ TE事業部副部長 佐藤直人)

導入前の課題
集合研修での限界。効率的に自ら学べる機会をより多く提供したい。

会社の成長にあわせて、早期の戦略的人材育成が求められていた。

SAKU-SAKU Testing導入背景を教えてください

会社の成長に伴い人材の早期戦力化を必要と感じ、個々の能力を高めるために能動的に知識・能力を向上させる仕組み化を行っております。仕組み化するにあたって、e-ラーニングの必要性も感じておりました。
SAKU-SAKU Testing導入前には、月に1つ、テーマを決めて集合研修を実施していました。例えば、4月:うどん、5月おむすび、6月天ぷらといったように研修をしていたのですが、決められた研修日に参加が難しかったり、様々なレベルの参加者が一堂に会するため理解度にばらつきが出たりしていました。また、4月にうどんの研修を受けた後、5月にその内容に変更があった場合、その情報の周知は行うものの全員に新しい情報を浸透させることは出来ていませんでした。

eラーニングの会社は多数あるかと思うのですが、決め手は何だったのでしょうか?

実は弊社では数年前にeラーニングを導入したことがあります。従業員に学習の機会を広く提供し、自ら成長していってもらおうと考えたのですが、実際はあまり活用されませんでした。そのため、導入当時eラーニングの導入には慎重な声が多かったです。

そこで10社のツールの徹底比較を行いスコア化したところ、SAKU-SAKU Testingが最も高い得点を獲得しました。特に学習すると次のコンテンツが現れるといった具合に、学習すると何かが変わる、といったようなゲーミフィケーション性がトリドールの考え方とあっていたという点を髙く評価しました。

導入の効果
店長教育が1年から3ヶ月に出来たケースも。スピード育成への手ごたえ。

“やらせる教育“から”自ら学ぶ“へ。仕組みでシフトチェンジを行い、戦略的人材育成の第一歩を踏み出した――

SAKU-SAKU Testing導入の効果を教えてください。

eラーニング化を行ったものの一つに店長教育があります。従来、集合研修にて1年かけて人材を育成していましたが、eラーニング化を行うことで3ヶ月で店長になれた事例を作ることができました。しかも、現場から取り合いになるような優秀な人材を育成することができました。これにより、eラーニングを活用することで早期の人材育成や早期の戦力化が可能であるという効果を社内に示すことができました。

成功の秘訣はなんだったのでしょうか?御社の場合、「受講期限はXXまでだから、必ず実施してください」といった催促メールを一切送っていないそうですが。

誰にでも店長試験の門戸は開いているのですが、その試験を受けるための条件の一つを所定のeラーニングを受け全問正解すること、としました。これにより、マネージャーになりたい人は自らeラーニングで繰り返し学習する、という仕組みが出来上がりました。
また、一部のマネージャー向けの成功事例共有のグループを作り、サクテスで共有します。事例を見ていない人はこのグループから抜けさせられる―――こういった仕組みを様々作っています。

今後の展開
今後はマネジメント層の教育への活用

今後のeラーニング活用の方向性を教えてください

これまで新卒を対象にサクテスを検証導入し、成果が見え始めているため、eラーニングツールを全社導入に向けて進めていきたいと思っています。
例えば、新たにマネジメント層の教育に活用したいと準備を進めています。これまでも資料はあったのですが、教育しきれていない部分がありました。それは例えば、マネージャーは厳格性を重視するだけでなく様々なタイプがいてもよい、といったことなどです。

高垣様ありがとうございました。

導入成果・事例

導入事例 ~ SAKU-SAKU Testing ~

目的 会社の成長に伴う人材の早期戦力化
内容 業務知識
株式会社トリドールホールディングス
〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー22階
http://www.toridoll.com/
事例一覧へ戻る
イー・コミュニケーションズ

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
0120-244-234
お問い合わせ
株式会社トリドールホールディングス様の導入事例。
株式会社トリドールホールディングス様の導入事例ページ上部へ