メニュー

日本空港ビルデング株式会社

驚異の運用力でパソコン環境がなくても修了率99%!
インターネット教育もこうすればうまくいく

「コンプライアンス診断Vol.2」を導入。従業員一人につき一台のパソコンが充当されていない状況の下、教育期間を分けて共有パソコンで受験、という運用方法によって、5ヶ月間で99%以上の受験者が受験を終了しました。修了テストでは、受験者の殆どが合格し、受験者のモチベーションの高さもうかがえます。このインターネット教育を有効に活用した取り組みは、粛々と従業員教育を行う体制が整っていること、また、担当者の方が明確な教育プランをお持ちで、全受験者に真摯にその必要性を伝えることによって成功した、管理者・受験者一体型の理想的なモデルケースと言えるでしょう。

セミナーにて担当者の方からコンプライアンス教育を始めたい、というご相談があり、パソコンが一人に一台ない環境だということも併せてうかがいました。これまで「コンプライアンス診断」を導入されない企業の大半は、「パソコンが足りない」というインターネット環境の問題で断念されますが、日本空港ビルデング様では部署内でグループわけをし、グループごとに期間を設定して共有のパソコンを使用する、という方法で「コンプライアンス診断」を運用されました。この企業での事例から、運用方法次第でパソコンが十分に足りていなくても教育が可能であるということを、私たちは確信しています。

100%に近い修了率(一般的にはe-ラーニングの修了率は50%程度と言われています)と、目覚しい成績アップを達成したのは、受験者のモチベーションの高さと担当者の方の高い運用力の賜物であることは言うまでもありません。管理者・受験者ともに好評をいただき、今年度はパソコンの環境が全く整っていない現場で作業をされる従業員の方の教育にもお使いいただいております。

イー・コミュニケーションズ

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
0120-244-234
お問い合わせ
日本空港ビルデング株式会社様の導入事例。驚異の運用力でパソコン環境がなくても修了率99%!インターネット教育もこうすればうまくいくという、管理者・受験者一体型の理想的なモデルケースです。教育ツール導入はイー・コミュニケーションズへ!
ページ上部へ